業務案内

業務内容

土地建物の総合コンサルティング

土地建物(リフォーム含む)に関するすべての事柄について総合的なご相談に応じます。例を挙げますと

1. 土地建物に関してのトラブル案件〜

既存建物の不具合調査と報告書の提出。相手方との交渉も必要に応じて弁護士等と協力して行います。訴訟等に展開した場合には、建築専門家として鑑定書の作成と裁判への出廷も行います。

2. 住宅建築に関しての助言〜

ハウスメーカー、ホームビルダーなどに依頼する場合のそれぞれの特長の比較検討、建築主の求めに応じて部分的助言や見積書の調査、工事費の折衝、部分的工事監理業務もお引き受けします。

3. 特殊建築物の定期調査報告書の作成と提出〜

完成後の建築物の多くは定期的にその建築物が 法令に適合しているか不具合など支障をきたしていないかなどの調査が必要となりますがその調査報告書を作成し、関係窓口(役所や財団法人など)に提出します。

4. 耐震診断〜

既存建築物の構造的強度を調査します。地震に対する安全性の度合いを知るために行います。診断方法は、比較的簡単な一次診断から二次診断、高層建築物などに用いられる複雑な三次診断の3通りがあります。建物規模や現地調査、図面計算書の有無などにより診断方法を決定します。

診断の結果、耐力不足などの場合には、補強改修設計と改修工事が必要となります。

5. 賃貸案件などの各種相談〜

テナントビルや商業施設などのプロモートの相談、事業計画の立案提案などを行います。

6. 現在進行中の案件相談〜

他社へ依頼して進行中の案件を事業予算やスケジュール、内容について設計や施工を大幅に変更せずにコンサルティングを行います。

その他のご相談に応じます。