業務案内

業務内容

インテリアの企画・設計・工事監理

インテリア・店舗内装、改装についても 1.建築物の企画設計工事監理と同様の業務を行います。デザイン面はもちろん什器備品、グラフィック、テーブルウエア等、総合的に受け承ります。店舗については、事業収支計画についても考慮の上すすめます。

建築の設計と異なり配慮すべき点は、テナントとして入居するのですから、オーナーであるビル側の提示条件を守る必要があるということです。内装総合管理規定などがそれですが、それらの提示がない場合にも、工事区分や費用負担などを確認しておく必要があります。新築ビルではなく営業中のビルの場合には、仮使用許可申請(ビル側の範囲)の有無なども考慮しなければなりません。工事監理に関しても新築ビル以上に注意が必要とされます。