業務案内

業務内容

建築物の企画・設計・工事監理

全ての用途の建築について新築・増改築を問わずお引き受けします。適材適所のスタッフ・ブレーンにより日頃の研究はもちろん、さらなる研究をしながら目的に沿った一品成果品である建築をクライアントとの共同作業によって満足、納得の出来る感性豊かなものに創りあげます。次の順序で進めていきます。

a.調査企画

最も重要な部分です。ここで誤ると「良い建築」は出来ません。建築主と共通認識の上ですすめる必要があります。要望などを遠慮なく申しつけください。計画敷地の立地分析、法的制限、類似事例調査により、計画実現のための事業費、工事費等の検討を重ね、意匠デザインをも含めた基本計画案の作成を行います。賃貸ビル・マンション、ホテル等の場合は事業収支計画を策定します。

 ↓
b.基本設計

基本計画案をさらに検討調整し、基本デザインの決定と、構造、設備等の種別方式の検討から工事予算表等を作成します。この段階で建築主の要望などは全て網羅させます。

 ↓
c.実施設計

基本設計図書に基づき、技術的、デザイン的にもより詳細な検討展開を計り、見積、施工の出来る詳細な設計図書を作成します。仕様、仕上げなど全ての情報が網羅された本設計図書は工事請負契約書にも添付される重要なものです。

 ↓
d.手続代行

建築確認申請等の許認可などの手続を建築主に代わって行います。また近隣居住者へ及ぼす影響などの技術説明、地質調査、測量等の調査についても必要に応じて行います。

 ↓
e.契約協力

工事施工者選定についての助言、見積要項書の作成説明、見積書の調査、工事請負契約案の作成、工事費折衝等の協力をします。

 ↓
f.工事監理

施工者へ設計図書のより正確な伝達を計り、施工中は工事現場において厳正かつ適正な工事指導・検査等を行い、品質の確保・向上に努めます。

 ↓
g.維持保全

完成後も建物は生き続けます。良好に保つための具体的保全案、取り扱いの注意点も含め管理案を提案します。 建物管理者への指導や適正実施業者(ビルメンテナンス業者)の調査、査定なども行います。